歴史群像1

 和歌山県那賀郡那賀町に華岡家発祥の地記念碑が建立されている。この小さな片田舎の村に、華岡青洲に診てもらうために、はるか江戸からも大勢の患者がやってきた。汽車も自動車もない時代に。だから相当の金持ちしか行っていない。そのために村に落ちたお金は大きい。華岡青洲のお陰で村は栄えたのだ。
 一介の村医者、華岡青洲は1804年(文化元年)、大和国宇智郡五條村(現在の奈良県五條市)の染物屋を営む利兵衛の母親、勘という60歳の女性に、乳がんの麻酔手術を、患者に痛みを感じさせずに行った最初の人として知られている。世界の医学に先駆けること42年。彼には近代医学の開き手、前人未到の外科領域の開拓者としての栄誉が与えられている。彼はこの偉業を独特の麻酔薬、通仙散(つうせんさん)の発明によって成し遂げた。この時、青洲46歳。全身麻酔下での外科手術の成功は、人々に大きな衝撃を与えた。当時、蘭方医の大御所だった杉田玄白は、30歳も若い青洲に教えを請う手紙を書いている。
 華岡青洲は華岡直道の長男として、紀伊国那賀郡名手荘西野山村(現在の和歌山県紀の川市西野山)に生まれる。諱は震(ふるう)。字は伯行。通称は雲平。号は青洲、随賢。随賢は祖父尚政の代から華岡家の当主が名乗っている号で、青洲はその3代目。生没年は1760(宝暦10年)~1835年(天保6年)。
 1782年(天明2年)、京都へ出て吉益南涯に古医方を3カ月学ぶ。続いて大和見水にカスパル流外科(オランダの医師カスパルが日本に伝えた外科技術)を1年学ぶ。さらに見水の師・伊良子道牛が確立した「伊良子流外科」(古来の東洋医学とオランダ式外科学の折衷医術)を学んだ。その後も京都に留まり、医学書や医療器具を買い集めた。この時、購入し読んだ医書でとくに心に残り影響を受けたのが永富嘯庵の「漫遊雑記」で、この中に乳がんの治療法の記述があり、後の伏線となった。
 青洲は1785年(天明5年)、帰郷して父・直道の後を継ぎ開業した。安心したのか父はまもなく64歳で死去。青洲は手術での患者の苦しみを和らげ、人の命を救いたいと考え、麻酔薬の開発を始めた。研究を重ねた結果、曼陀羅華(まんだらげ)の花(チョウチンアサガオ)、草烏頭(そううず、トリカブト)を主成分とした6種類の薬草に麻酔効果があることを発見。動物実験を重ねて、麻酔薬の完成にこぎつけたが、人体実験を前にして行き詰まった。そこで、実母の於継と妻加恵が実験台になることを申し出て、数回にわたる人体実験の末、於継の死・加恵の失明という犠牲の上に、全身麻酔薬「通仙散」を完成した。
 青洲はオランダ式の縫合術、アルコールによる消毒などを行い、乳がんだけでなく膀胱結石、脱疽、痔、腫瘍摘出術など様々な手術を行っている。彼の考案した処方で現在も使われているものに十味敗毒湯、中黄膏、紫雲膏などがある。
 青洲は1802年(享和2年)、紀州藩主・徳川治寶に謁見して士分に列し帯刀を許された。1813年(文化10年)には紀州藩の「小普請医師格」に任用された。ただし、青洲の願いによって、そのまま自宅で治療を続けてよいという「勝手勤」を許された。1819年(文政2年)「小普請御医師」に昇進し、1833年(天保4年)、「奥医師格」となった。
 青洲の名は全国に知れ渡り、患者や入門を希望する者が殺到した。彼は門下生の育成にも力を注ぎ、医塾「春林軒(しゅんりんけん)」を設けた。そして数多くの医師を育て、弟子の中から本間玄調、鎌田玄台、熱田玄庵、館玄竜といった優れた外科医を輩出している。
 全国2000を超える寺の過去帳をもとに、青洲の手術を受けた乳がん患者全152人のうち33人の死亡日を明らかにした調査がある。手術後の生存期間は最短8日、最長41年で平均2~3年だった。医療関係者によると、当時の多くの患者の女性は進行乳がんだったはずで、青洲の手術がいかにレベルの高いものだったかが分かるという。

(参考資料)有吉佐和子・榊原仟「日本史探訪/国学と洋学」、有吉佐和子「華岡青洲の妻」

 近松門左衛門は江戸時代前期、元禄期に人形浄瑠璃(現在の文楽)と歌舞伎の世界で活躍した、日本が誇る劇作家だ。今日でも彼の多くの作品が文楽、歌舞伎、オペラ、演劇、映画などで上演・上映され、人々に親しまれている。生没年は1653(承応2)~1724年(享保8年)
 近松門左衛門は、松平昌親に仕えた300石取りの越前吉江藩士、杉森信義の次男として生まれた。幼名は次郎吉、本名は杉森信盛。通称平馬。別号は平安堂、巣林子(そうりんし)。ただ、出生地には長門国萩、肥前唐津などの諸説がある。2歳のとき、父とともに現在の福井県鯖江市に移住。その後、父が浪人し京都へ移り住んだ。近松が14、15歳のころのことだ。さらに、京都で仕えた公家が亡くなり、近松は武家からの転身を迫られることになった。
 「近松門左衛門」のペンネームの由来は三井寺の別院、近松寺(ごんしょうじ)にしばらく身を寄せていたからと思われる。この近松寺での経験がよほど気に入ったのではないか。もっともこのとき、彼は僧だったのか、俗人だったのかよく分からない。
 近松は竹本座に属する浄瑠璃作者で、中途で歌舞伎狂言作者に転向したが、再度浄瑠璃に戻った。1683年(天和3年)、曽我兄弟の仇討ちの後日談を描いた『世継曽我(よつぎそが)』が宇治座で上演され、翌年竹本義太夫が竹本座を作り、これを演じると大好評を受け、近松の浄瑠璃作者としての地位が確立された。1685年の『出世景清』は近世浄瑠璃の始まりとされる。
 近松はその後も竹本義太夫と組み名作を次々に発表し、1686年(貞享3年)竹本座上演の『佐々木大鑑』で初めて作者名として「近松門左衛門」と記載した。この当時、作品に作者の名を出さない慣習から、これ以前は近松も名は出されていなかったのだ。
近松は100作以上の浄瑠璃を書いたが、そのうち約2割が世話物で、多くは時代物だった。世話物とは町人社会の義理や人情をテーマにした作品だが、後世の評価とは異なり、当時人気があったのは時代物。とりわけ『国性爺合戦』(1715年)は人気が高く、今日近松の代表作として知名度の高い『曽根崎心中』(1703年)などは昭和になるまで再演されなかったほど。代表作『冥途の飛脚』(1711年)、『平家女護島』(1719年)、『心中天網島』(1720年)、『女殺油地獄』(1721年)など、世話物中心に近松の浄瑠璃を捉えるのは、近代以後の風潮にすぎない。
1724年(享保8年)、幕府は心中物の上演の一切を禁止した。心中物は大変庶民の共感を呼び人気を博したが、こうした作品のマネをして心中をする者が続出するようになったためだ。そうした政治のあり方を近松はどう受けとめたのか?ヒット作の上演に水を差されるのを心底、嫌気したか、近松はその翌年没する。
 近松は「虚実皮膜論」という芸術論を持ち、芸の面白さは虚と実との皮膜にある-と唱えたとされる。芸術とは虚構と現実の狭間にあるというものだ。芝居など所詮実在しない「虚」の世界だと誰もが知っているわけだが、それでもすばらしい芝居をみると、いくらみていても飽きないし、感動するわけだ。それは感動した自分の中に実在する感覚・理想・イメージなどと、その「虚」が結びついたときに、引き起こされるのではないか。つまり、「虚」「実」が絡み、入り混じったときに、初めて魅力が生まれるといったことだ。だが、この「虚実皮膜論」は穂積以貫が記録した「難波土産」に、近松の語として書かれているだけで、残念ながら近松自身が書き残した芸能論はない。

(参考資料)長谷川幸延・竹本津大夫「日本史探訪/江戸期の芸術家と豪商」、梅原猛「百人一語」、司馬遼太郎「この国のかたち 一」、「この国のかたち 三」

 弘法大師空海は日本仏教史および文化史の上に偉大な足跡を残している。空海の意図した宗教的世界は、周知の通り真言密教と呼ばれる。密教はインドに発したもので、実に難解な内容を持つが、東洋の仏教思想史上、その密教に独創的な教理体系をもたらし、完成の域にまで高めたのが空海だ。
 真言宗の開祖・空海は讃岐国多度郡屏風ヶ浦(現在の香川県善通寺市)で、父佐伯直田公(さえきのあたいたきみ)、母阿刀大足(あとのおおたり)の娘(または妹)の三男として生まれた。幼名は眞魚(まお)。俗名は佐伯眞魚(さえきのまお)。生没年は774(宝亀5)~835年(承和2年)。能書家としても知られ、嵯峨天皇、橘逸勢とともに三筆の一人に数えられる。
789年(延暦8年)、15歳で桓武天皇の皇子伊予親王の家庭教師だった母方の舅の阿刀大足について論語、孝経、史伝、文章などを学んだ。792年(延暦11年)18歳で京の大学寮に入った。ところが、大学に入って一年後のことか、三年後のことか、時期ははっきりしないが、空海は突如として現世的栄達に背を向け、大学からも去って、山林修行に邁進し始めるのだ。
そして、804年(延暦23年)正規の遣唐使の留学僧(留学期間20年の予定)として唐に渡る直前まで、御厨人窟(みくろど、高知県室戸市)、吉野の金峰山や四国の石鎚山などで山林修行に明け暮れたといわれる。ただ、この修行時代の詳細も、入唐直前まで私度僧だった空海が突然、留学僧として浮上する過程も、今日なお謎を残している。
 ただ、後の空海の行動や成し遂げた事績から推察すると、彼はいわばこの空白の期間に、諸経典のみならず南都六宗の教義、とりわけ密教につながる華厳教学に関してほぼ通暁するまでになっていたと思われる。また中国語やサンスクリットを修得したのもこの期間だったのではないか。さらに、空海を密教へ導いた密教の根本経典『大日経』との出会いもこの期間のことのようだ。
 いずれにしても、20数年ぶりに派遣される第16次遣唐使の一員、留学生(るがくしょう)として空海は渡航することになった。この遣唐使船(4艘で編成)には最澄が桓武天皇の信任を受け、留学生より格上の還学生(げんがくしょう)として、短期間滞在して天台教学を究めるため乗り込んでいた。
 空海の真の目的は真言密教を投網で打つように体系ぐるみ日本にもたらすところにあったが、このことは官に明かしていなかった。真言密教を体系ぐるみ導入するというのはひらたく言えば買ってくることなのだ。
 長安の諸寺を周遊した後、空海は青龍寺の恵果(けいか)と巡り合い、遂に正師と仰ぐべき名僧と確信。一方、恵果も空海の来訪を大歓迎したといわれる。中国密教の第一人者が、異国の僧をたった一度引見しただけで、たちまちその器を見抜き、空海を恵果自身が感得した正統密教の継承者として意識したのだ。このとき恵果は60歳で、健康に衰えがみえ、そろそろ後継者を選ばなければならない時期に直面していた。だが、弟子は1000人余いたものの、期待を託すに足る者といえば義明(ぎみょう)という弟子一人しか見当たらず、しかもその義明は病身だった。そんなところへ、思いがけず空海という大器があらわれたのだ。それは恵果にとっても、空海にとっても、ともに大きな幸運だった。
 恵果は空海が入門してほどなく、胎蔵界の学法灌頂(かんじょう)、金剛界の灌頂を授け、「この世の一切を遍く照らす最上の者」を意味する遍照金剛(へんじょうこんごう)の灌頂名を与えた。さらに恵果は、まだ愛弟子の義明にも許したことのない伝法阿闍梨位の灌頂を遂に空海に授けた。こうして恵果から空海への伝法はここに成就したわけだ。
 留学生は20年の滞留を義務付けられているが、空海はこの1年余の間に目的のほとんどを達した。師恵果からも一日も早く故国に帰り、国のため万民のため密教を伝える算段をせよ-といわれている。空海という比類ない天才は、官から頂戴していた20年留学という分だけの砂金を、2年に短縮すれば集中的に大量に使うことができると判断したことだ。そして、空海の奇跡は一介の留学生にしてそれをやってのけたことだ。むろん、買って済むわけではなく、それらを理解しなければならないが、この点で空海の天才性はいうまでもない
空海は、新訳などの経すべて142部247巻、梵字真言讃などすべて42部44巻、論疏章などすべて32部170巻、以上合計216部461巻に及ぶ経典、仏典を筆写、蒐集して持ち帰った。ほかに仏・菩薩・金剛天などの像、法曼荼羅、三昧耶曼荼羅、そして仏具・道具類などもあった。このために空海は大勢の写経生を雇い入れ、それはあたかも写経工場のようなものだったはずだし、仏像の制作に至っては多種類の工場を、一時的ながら空海は稼働させたことになったはずだ。金属製の仏具を改めて鋳造・彫金しなければならないから、空海が雇った仏師や画工は、下働きを含めて数百人といった規模になったのではないかとみられる。
 真言密教を体系ぐるみ持ち帰った空海を世の人々が注目するようになり、彼が最澄とともに平安仏教界を指導する双璧となったのは812年(弘仁3年)、高雄山寺における灌頂がきっかけだった。空海は嵯峨天皇に度々、そのひとつ一つに心を込めた文章を付した贈り物をした。また同時並行して最澄との交渉も頻繁に持った。これは主に書簡を介してのものだが、最澄の方が積極的だったようだ。
これは遣唐使として入唐した際、中国ではすでに天台教学が斜陽化しつつあり、密教が最新の仏教として脚光を浴びている状況だったのに、天台教学や禅を学んだ後、最澄が密教の典籍・法具などを伝承するとともに、金剛界・胎蔵界の灌頂を受けるなど、密教の資料収集や研修に時間を割けたのはわずか1カ月余に過ぎなかったからだ。いわば天台教学研鑽の片手間に密教を学んだに過ぎないという自覚を最澄が持っていたのだ。それだけに、密教をより深く体系的に修めた空海に、後輩であっても教えを乞う態度を取ったのだ。
 しかし、良好だった最澄と空海との交友関係にも徐々に亀裂が生まれ、最澄の高弟、泰範問題によって、その溝が決定的に拡大、事実上断絶状態となった。空海は816年(弘仁7年)、朝廷に上奏文を提出し、紀州高野山を密教修行の道場として賜りたいと願い出た。そして819年(弘仁10年)、空海が作成した設計プランに基づき、いよいよ堂塔伽藍の建設が始められた。

(参考資料)司馬遼太郎「空海の風景」、司馬遼太郎「街道をゆく33」、百瀬明治「開祖物語」、八尋舜右「空海」、渡辺照宏・宮坂宥勝「沙門空海」、稲垣真美「空海」、司馬遼太郎・ドナルド・キーン対談「日本人と日本文化」