郷土ゆかりの文豪・・・大阪府

郷土ゆかりの文豪・・・大阪府

織田作之助(1913~1947年)
 小説家。大阪市南区生玉前町(現在の天王寺区上汐町)生まれ。新戯作派(無頼派)の一人として活躍し、“オダサク”の愛称で親しまれた。
 1931年、第三高等学校文科甲類(現在の京都大学教養学部)に入学。卒業試験中に喀血し、白浜温泉で転地療養。その後、復学するが勉学の意欲を失い、1936年、出席不足で退学。1935年ころ学生時代に後に妻となる宮田一枝と出会い同棲を始める。同時期、作家活動を開始。当初は劇作家を志望。スタンダールの影響を受けて小説家へ志向を転換。青山光二らとともに同人雑誌「海風」を創刊。1938年、処女作「雨」を発表して武田麟太郎の注目を受ける。1939年、宮田一枝と挙式。この時期、日本織物新聞社や日本工業新聞社へ勤務。
 1940年「夫婦善哉」が改造社の第一回文芸推薦作品となり、これを機に本格的な作家生活に入る。戦時中は長編小説「青春の逆説」が発禁処分を受けた。
 主な作品に小説で「ひとりすまう」「雨」「俗臭」「夫婦善哉」「続 夫婦善哉」「放浪」「探し人」「面会」「子守歌」「合駒富士」「婚期はずれ」「青春の逆説」「人情噺」「黒い顔」「許婚」「写真の人」「雪の夜」「家風」「航路」「立志伝」「世間胸算用」「天衣無縫」「五代友厚」「月照」「勧善懲悪」「素顔」「漂流」「事始め」「異郷」「武家義理物語」「髪」「預言者」「奇妙な手記」「土曜夫人」「怖るべき女」「死神」「大阪の女」「旅への誘い」「十八歳の花嫁」、評論で「可能性の文学」「大阪論」、戯曲で「落ちる」「饒舌」「朝」「モダンランプ」「夜光虫」などがある。

川端康成(1899~1972年)
 小説家。大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)生まれ。東京帝国大学国文学科卒。菊池寛に認められて文壇入りした。新感覚派の代表として活躍。「伊豆の踊り子」「雪国」「千羽鶴」「古都」など日本の美を表現した作品を数多く発表し1968年、日本人初のノーベル文学賞を受賞した。
 2、3歳のときに父母を相次いで亡くし、祖父母と一緒に三島郡豊川村(現在の茨木市)に移った。7歳のときに祖母、9歳のとき祖父がそれぞれ死去するという不幸に見舞われた。中学校から寄宿舎で生活。作家を志したのは中学2年のとき。1916年から「京阪新報」や「文章世界」に投稿。1921年「新思潮」(第6次)を創刊、同年そこに発表した「招魂祭一景」が菊池寛らに評価され、1923年に創刊された「文藝春秋」の同人となった。大学に1年長く在籍したが、東京帝国大学国文科を卒業。卒業論文は「日本小説史小論」。
1924年、横光利一、片岡鉄平、中河与一、佐佐木茂索、今東光ら14人とともに同人雑誌「文藝時代」を創刊。同誌には「伊豆の踊り子」などを発表した。1926年、処女短編集「感情装飾」を刊行。1927年同人雑誌「手帖」を創刊し、のちに「近代生活」「文学」「文学界」の同人となった。「雪国」「禽獣」などの作品を発表し、1944年「故園」「夕日」などにより菊池寛賞を受賞。このころ三島由紀夫が持参した「煙草」を評価、文壇デビューさせたその師的存在といえる。
「千羽鶴」「古都」などの名作を上梓しながら、1948年に日本ペンクラブ第4代会長。1958年、国際ペンクラブ副会長に就任。1957年に東京で開催された国際ペンクラブ大会では、主催国の会長として活躍し、その努力で翌年、菊池寛賞を受賞した。1962年、世界平和アピール七人委員会に参加。1963年には新たにつくられた日本近代文学館の監事となった。1968年、ノーベル文学賞を受賞し、授賞式では「美しい日本の私 その序説」と題し記念講演を行った。1972年、逗子の仕事部屋でガス自殺。翌年、財団法人川端康成記念会によって川端康成文学賞がつくられ、1985年には茨木市立川端康成文学館が開館した。
 上記作品のほか「浅草紅団」「化粧と口笛」「水晶幻想」「純粋の声」「花のワルツ」「むすめごころ」「乙女の港」「寝顔」「愛する人達」「哀愁」「舞姫」「求婚者」「山の音」「みづうみ」「東京の人」「富士の初雪」「温泉宿」「眠れる美女」「美しさと哀しみと」「片腕」「美の存在と発見」「竹の声桃の花」「日本の美のこころ」など多数。
 
三好達治(1900~1964年)
 詩人。大阪市出身。東京帝国大学文学部仏文科卒。彼の墓は大阪府高槻市の本澄寺にある。彼の甥(住職)によって、境内の中に三好達治記念館が建てられている。
 当初、職業軍人への道を歩み陸軍士官学校に進むが、脱走事件を起こして退学処分となり、京都三高文科に入学。三高時代はニーチェやツルゲーネフを耽読し、丸山薫の影響で詩作を始める。大学在学中に梶井基次郎らとともに、同人誌「青空」に参加。その後、萩原朔太郎と知り合い、詩誌「誌と詩論」創刊に携わる。シャルル・ボードレールの散文詩集「巴里と憂鬱」の全訳を手がけた後、処女詩集「測量船」を刊行。叙情的な作風で人気を博す。
 1953年に「駱駝の瘤にまたがって」で芸術院賞、1963年に読売文学賞受賞。
 詩集で「閒花(かんか)集」「山果集」「艸(くさ)千里」「一点鐘」「捷報いたる」「覇旅十歳」「花筐(はながたみ)」「南窗(なんそう)集」「朝菜集」「春の旅人」「故郷の花」「百たびののち」「霾(ばい)」「砂の砦」「日光月光集」「寒析」、随筆で「路傍の花」「月の十日」「卓上の花」「風薫々」「屋上の鶏」「草上記」、詩歌論で「諷詠十二月」「詩を読む人のために」「俳句鑑賞」「萩原朔太郎」などがある。
 
与謝野晶子(1878~1942年)
 歌人・作家・思想家。旧姓は鳳(ほう)。戸籍名は「志よう」。ペンネームの「晶子」はこの「しよう」から取ったもの。夫は与謝野鉄幹。堺市(現在の堺市堺区)甲斐町生まれ。堺の老舗和菓子屋「駿河屋」の3女。堺女学校(現在の大阪府立泉陽高校)に入学すると「源氏物語」など古典に親しんだ。また、兄の影響で尾崎紅葉、幸田露伴や樋口一葉の小説も愛読した。20歳ごろから店番をしながら和歌を投稿。浪華青年文学会に参加。
1900年に与謝野鉄幹が創立した新詩社の機関誌「明星」に短歌を発表。翌年、家を出て上京。女性の官能を大胆に謳う処女歌集「みだれ髪」を刊行し、浪漫派の歌人としてのスタイルを確立。のちに鉄幹と結婚した。1904年「明星」に「君死にたまふことなかれ」を発表。1911年には史上初の女性文芸誌「青鞜」創刊号に「山の動く日きたる」で始まる詩を寄稿した。
 晶子の声望が高まる一方で、鉄幹の詩の売れ行きは悪く、子だくさんの家計のやりくりには苦慮。鉄幹が大学教授の職に就くまでは、彼女が孤軍奮闘、一家を支えた。そのため依頼があればすべて引き受け、歌集の前払いをしてもらっていたケースも少なくなかったといわれる。その結果、残した歌は5万首にも及ぶ。
 このほか、「小扇」「恋衣」「舞姫」「夢之華」「常夏」「佐保姫」「春泥集」「青海波」「夏より秋へ」「さくら草」「火の鳥」「太陽と薔薇」「流星の道」「白桜集」、そして現代語訳「全訳源氏物語」「蜻蛉日記」「愛 理性及び勇気」「女人創造叢書 女性論」「私の生ひ立ち」「童話 環の一年間」などがある。
【記念館】城崎町文芸館(兵庫県豊岡市城崎町湯島357番地の1)
 
開高健(1930~1989年)
 作家。天王寺生まれ。大阪市立大学法文学部在学中、様々な職業に就き、卒業後、寿屋(現サントリー)宣伝部に中途採用されPR誌「洋酒天国」を編集。ウイスキーのキャッチコピーも手掛けた。このときの作品、「トリス」の「人間らしくやりたいナ」などはよく知られている。この時代、1957年、処女作「パニック」はじめ、「巨人と玩具」「裸の王様」を発表。「裸の王様」で第38回芥川賞を受賞。これを機に寿屋を退職、執筆業に専念するようになった。
 凄烈なベトナム戦争の取材体験をもとに書いた「輝ける闇」(1968年)で毎日出版文化賞、「玉、砕ける」(1978年)で川端康成文学賞、「耳の物語」(1987年)で日本文芸大賞、1981年に菊池寛賞をそれぞれ受賞している。
人間の原点と社会の組織に目を向け、現代社会と取り組むエネルギッシュな作家的姿勢を一貫して保った。既述以外の主な作品に「日本三文オペラ」「流亡記」「ロビンソンの末裔」「ヴェトナム戦記」などがある。
 死後、開高健の業績を記念して1992年から2001年までTBSブリタニカ(現在の阪急コミュニケーションズ)が開高健賞を、2003年から集英社がノンフィクションを対象に開高健ノンフィクション賞を創設している。
【記念館】開高健記念館(神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-6-64)
 
黒岩重吾(1924~2006年)
 小説家。同志社大学法学部卒業後、日本勧業証券(現在のみずほインベスターズ証券)に入社。1949年に大学在学中、学徒出陣で出征した北満での体験をもとに書いた「北満病棟記」が「週刊朝日」の記録文学コンクールに入選。同人誌「文学者」のグループに参加した。が、その後、株相場大失敗し荒れた生活を送った。
様々な職業遍歴後、1960年「休日の断崖」で文壇に登場。1961年、釜ヶ崎を舞台にした「背徳のメス」で第44回直木賞を受賞。1970年後半から古代史を舞台にした歴史小説の執筆を始めた。執筆した順番は異なるが、その範囲は卑弥呼の時代から、蘇我氏が表舞台に登場する時代、馬子と物部守屋の対立時代、聖徳太子およびその一族、推古天皇、天智天皇・藤原鎌足の時代、壬申の乱、天武天皇、持統天皇、藤原不比等の時代まで、そして蘇我入鹿、額田王、大津皇子、弓削道鏡にスポットを当てた作品など実に多彩だ。
その結果、著書には一連の古代史を題材にした作品が多い。代表作は80年に第14回吉川英治文学賞を受賞した、「壬申の乱」を大海人皇子サイドから捉えた長編「天の川の太陽」ほか、「紅蓮の女王 小説 推古女帝」「天翔る白日 大津皇子」「落日の王子 蘇我入鹿」「聖徳太子 日と影の王子」「斑鳩王の慟哭」「茜に燃ゆ」「北風に起つ 継体戦争と蘇我稲目」「磐舟の光芒 物部守屋と蘇我馬子」「天風の彩王 藤原不比等」「鬼道の女王 卑弥呼」「弓削道鏡」など多数。一連の作品により、菊池寛賞も受賞している。
 
五味康祐(1921~1980年)
 作家。大阪難波生まれ。本名は「やすすけ」だが、通称「こうすけ」。早稲田大学英文科中退。明治大学文学部文芸学科卒業。実家は映画興行師だった。学徒出陣し、中国大陸を転戦。敗戦後、南京で捕虜として過ごし復員後、各種の職業を転々とした後、「喪神」により52年、芥川賞を受賞。この「喪神」は大映で映画化された。以後、歴史・時代小説作家として、剣豪小説のブームを作る。
 1956年、創刊された「週刊新潮」に「柳生武芸帳」(1956~59年)を連載し、同時期連載の柴田錬三郎の「眠狂四郎無頼控」と並んで人気を博した。柳生武芸帳は徳川幕府初期の柳生宗矩と一族による陰謀を描いた作品で、日本浪漫派の影響の濃い剣の達人の持つ精神性と、格調高い文体で高く評価された。
このほか「二人の武蔵」(1957年)、「スポーツマン一刀斎」(1957年)「薄桜記」(1959年)、「乱世群盗伝」(1959年)、「剣には花を」(1964年)、「無刀取り」(1970年)、「斬るな彦斎 幕末必殺剣」(1970年)、「興行師一代」(1973年)、「五味マージャン大学 10戦9勝の奥義」(1976年)、「柳生宗矩と十兵衛」(1978年)、「柳生天狗党」(1981年)など作品多数。
 
堺屋太一(1935~)
 作家。経済評論家。本名は池口小太郎。60年、東大経済学部卒業後、通商産業省に入省。イベントプロデューサーとして日本万国博を企画、開催。沖縄海洋博やサンシャイン計画にも携わった。78年、工業技術院研究開発官を最後に退官。以来、テレビ、新聞、雑誌などで幅広い創作・評論活動をしている。元国務大臣・経済企画庁長官。
1975年、通産省在職中に近未来の社会を描いた小説「油断」で作家としてデビュー。1976年に発表した小説「団塊の世代」は、第一次ベビーブーム世代(1947~49年生まれ)の名付け親ともなったほか、現代日本の社会に大きな影響を与えた。
歴史小説「峠の群像」(1981~82年)、「秀吉」(1996年)はNHK大河ドラマの原作となった。このほか、工業社会の終焉と“知価社会”(情報化社会)の到来を予言した経済理論「知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる」(1985年)などの社会評論に関する著作や、首都機能移転に関する「『新都』建設 これしかない日本の未来」(1990年)をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数著している。
主な著書に「巨いなる企て」(1980年)、「豊臣秀長 ある補佐役の生涯」(1985年)、「鬼と人と 信長と光秀」(1989年)、「俯き加減の男の肖像」(1995年)、「世界を創った男チンギス・ハン1~4」(2007年)、「三人の二代目」(2009年)、評論で「三脱三創」(1986年)、「歴史からの発想」(1983年)、「峠から日本が見える」(1982年)、「組織の盛衰」(1993年)、「満足化社会の方程式 乱期を解く」(1994年)、「団塊の世代『次』の仕事」(2006年)などがある。
 
司馬遼太郎(1923~1996年)
 作家。大阪外国語学校蒙古語科卒。60年「梟の城」で第42回直木賞受賞。66年「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。72年「世に棲む日日」を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。76年日本芸術院恩賜賞受賞。
 82年「ひとびとの足音」で読売文学賞受賞。84年「街道をゆく 南蛮のみちⅠ」で日本文学大賞受賞。87年「ロシアについて」で読売文学賞受賞。88年「韃靼疾風禄」で大仏次郎賞受賞。93年、文化勲章受賞。このほか代表作に「燃えよ剣」「坂の上の雲」「菜の花の沖」「峠」「花神」「胡蝶の夢」「播磨灘物語」「箱根の坂」「翔ぶが如く」「項羽と劉邦」「功名が辻」「夏草の賦」「歳月」「妖怪」「幕末」「最後の将軍」「北斗の人」「王城の護衛者」「アームストロング砲」「尻喰らえ孫市」「空海の風景」「酔って候」「歴史を紀行する」「八人との対話」、そして「街道をゆく」シリーズなどがある。96年2月12日、10年間続いた『文芸春秋』の巻頭随筆「この国のかたち」は著者の死をもって未完のまま終わることになった。
【記念館】司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市下小阪3丁目11番18号)
 
高村薫(1953~)
 作家。本名は林みどり。大阪市東住吉区生まれ。吹田市在住。同志社高校を経て、国際基督教大学教養学部仏文専攻を卒業。外資系専門商社退職後の90年、「黄金を抱いて翔べ」で日本推理サスペンス大賞を受けデビュー。
1993年「リヴィエラを撃て」で日本推理作家協会賞。「マークスの山」で第109回直木賞を受賞。1997年「レディ・ジョーカー」を発表。従来のミステリーの枠組みを超えた骨太で斬新、重厚な作品を生み続けている。単行本から文庫化するにあたって大幅な改稿を行うことが多い。
上記以外の代表作に「神の火」(1991年)、「わが手に拳銃を」(1992年)、「地を這う虫」(1993年)、「照柿」(1994年)、「新リア王」(2005年)など。
 
田辺聖子(1928~)
 小説・評論・随筆家。大阪市生まれ、兵庫県伊丹市在住。1947年、樟蔭女子専門学校(現在の大阪樟蔭女子大学)国文科卒。放送作家などを経て、「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニー)」で1964年、第50回芥川賞を受賞。大阪弁を使う恋愛小説に市民権を与えた。1993年「ひねくれ一茶」で吉川英治文学賞を受賞するなど歴史小説も多い。1994年に第42回菊池寛賞を受賞したほか、1998年「道頓堀の雨に別れて以来なり-川柳作家・岸本水府とその時代」で第26回泉鏡花文学賞、1999年には同じ作品で第50回読売文学賞、2003年「姥ざかりの花の旅傘」で第8回蓮如賞、2007年には2006年度朝日賞をそれぞれ受賞している。
軽妙洒脱でユーモラスな小説を主体に、歴史エッセイ、評論、随筆など幅広い活動をしている人気作家。古典の翻訳では「新源氏物語」「舞え舞え蝸牛」「源氏たまゆら」など、評伝では「千すじの黒髪 わが愛の與謝野晶子」「花衣ぬぐやまつわる わが愛の杉田久女」「ゆめはるか 吉屋信子」などがある。
上記以外の小説に「花狩」「甘い関係」「うたかた」「女の食卓」「求婚旅行」など、エッセイに「女の長風呂」「言うたらなんやけど」「おセイさんのほろ酔い対談」「ああカモカのおっちゃん」「芋たこ長電話」「女の居酒屋」など多数。
【記念館】田辺聖子文学館(東大阪市菱屋西4丁目2番26号 大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス図書館内)
 
直木三十五(1891~1934年)
 作家。本名は植村宗一。大阪市南区(現在の中央区)内安堂寺町2丁目に生まれた。早稲田大学英文科中退。美術記者、編集者、評論家、コラムニストを経験。1920年に里見弴、久米正雄、吉井勇、田中純らによって創刊された同人誌「人間」の編集を担当。1923年の関東大震災後は大阪のプラトン社に勤務し川口松太郎ととみに娯楽雑誌「苦楽」の編集にあたった。
以後、次第に時代小説を書くようになり、1929年「由比根元大殺記」で作家として認められた。「黄門廻国記」は俳優・月形龍之介の主演した映画「水戸黄門」の原作にもなった。ほかにも直木作品を原作とした映画は多く、恐らく50本近くあると思われる。
薩摩藩のお由羅騒動を描いた「南国太平記」が代表作。直木が亡くなった翌年、1935年文藝春秋社長・菊池寛はその友情から、芥川賞とともに直木三十五賞を設定した。忌日の2月24日は代表作「南国太平記」にちなんで「南国忌」という。
 ペンネーム「直木」は本名の「植」の字を分解したもので、「三十五」は年齢をもとにしたもの。実年齢に合わせて「三十一」「三十三」などのペンネームで残した作品がある。
 著作は上記以外に「心中きらら阪」(1924年)、「仇討十種」(1924年)、「合戦」(1928年)、「正伝 荒木又右衛門」(1930年)、「青春行状記」(1931年)、「楠木正成」(1932年)、「日本の戦慄 上海篇」(1932年)、映画脚本は「恩讐の彼方」(1925年)、「室町御所」(1925年)、「忠弥召捕」(1926年)、「一寸法師」(1927年)、「炎の空」(1927年)などがあり、「一寸法師」は監督も務めた。
【記念館】直木三十五記念館(複合文化施設-萌、大阪市中央区谷町6-5-26)
 
山崎豊子(1924~)
 作家。本名は杉本豊子。現在の大阪市中央区出身、大阪府堺市在住。大阪市の老舗昆布商店、小倉屋山本の家に生まれた。旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文科卒。毎日新聞社学芸部に勤務。当時、学芸部副部長だった井上靖のもとで記者としての訓練を受ける。勤務のかたわら、小説を書き始め、1957年、生家の昆布屋をモデルにした親子二代の商人を主人公とした「暖簾」を刊行して作家デビュー。
 翌年、吉本興業を創業した吉本せいをモデルとした「花のれん」により第39回直木賞を受賞。新聞社を退社して作家活動に入る。1963年より連載を始めた、大阪大学医学部をモデルに大学病院の現実を描いた「白い巨塔」は鋭い社会性で話題を呼んだ。神戸銀行(現在の三井住友銀行)をモデルとして経済界を描いた「華麗なる一族」(1973年)、「不毛地帯」(1976~78年)、「二つの祖国」(1983年)、「大地の子」(1991年)の戦争三部作と骨太の大作を連続して世に送り出した。その後、日本航空社内の腐敗や、航空機事故史上でも悲惨な大事故(御巣鷹山墜落事故)を扱った大作「沈まぬ太陽」を発表。1991年、菊池寛賞を受賞。
 山崎の主要作品の大半が映画化およびテレビドラマ化されている。上記以外の著作に「ぼんち」(1956年)、「運命の人」(1959年)、「しぶちん」(1959年)、「女の勲章」(1961年)、「女系家族」(1963年)、「花紋」(1964年)、「仮装集団」(1967年)など多数。
 
有栖川有栖(1959~)
 作家。本名は上原正英。大阪市出身。同志社大法学部法律学科卒。同志社大学在学中から推理小説研究会に所属して創作などで活躍。大学卒業後、書店勤務のかたわら、1989年「鮎川哲也と13の謎」の一冊、「月光ゲーム Yの悲劇88」でデビュー。しばらくは兼業作家として活動するが、1994年に35歳で書店を退職して専業作家となった。1999年から綾辻行人との共作で、テレビ推理番組「安楽椅子探偵」シリーズの原作を担当。2003年「マレー鉄道の謎」で日本推理作家協会賞、2006年10月から読売新聞で「有栖川有栖さんとつくる不思議の物語」の講評を担当している。2008年「女王国の城」で第8回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。作風は前期エラリー・クィーンの影響が色濃い。作品に登場する探偵は臨床犯罪学者・火村英生と、英都大学推理小説研究会の部長・江神二郎の二人。「作家アリス」シリーズと「学生アリス」シリーズがある。前者のシリーズ作品に「マジックミラー」「46番目の密室」「ロシア紅茶の謎」「スウェーデン館の謎」「英国庭園の謎」「ブラジル蝶の謎」など、後者のシリーズに「月光ゲーム Yの悲劇88」「孤島パズル」「双頭の悪魔」「女王国の城」など著書多数。
 
井原西鶴(1642~1693年)
 俳人・小説家。本名は平山藤五。15歳ころ、俳諧を学び始める。1675年、34歳のとき剃髪、法体となる。50年余の生涯で自由闊達に生きた。わずか1日で2万を超える句を詠んだといわれ、10年余りで30もの作品(小説)を世に送り出した。その作風は実に多様で、江戸時代前期、300年以上も前の人物でありながら、幸田露伴、樋口一葉、芥川龍之介、太宰治、吉行淳之介など、近代から現代の作家たちにも様々な影響を与えてきた。1682年、最初の浮世草子「好色一代男」の刊行、大ヒットをきっかけに小説家に転身。ただ、当時は俳句の方が小説よりも芸術として上位に見られていたため、終生俳人のプライドを軸にしながら生涯最後の10年間を小説にも活躍の場を広げた。作品は大別すると、愛欲の世界を描く好色物、武士社会を扱う武家物、説話を換骨奪胎した雑話物、経済生活を描く町人物に分類される。現代風に表現すれば稀代のマルチタレントだったといえよう。主な作品は「諸艶大鑑」(好色二代男)、「西鶴諸国ばなし」「椀久(わんきゅう)一世の物語」「好色五人女」「好色一代女」「男色大鑑」「懐硯(ふところすずり)」「武家伝来記」「日本永代蔵」「武家義理物語」「嵐無常物語」「色里三所世帯」「好色盛衰記」「新可笑記」「本朝桜陰比事」「世間胸算用」など多数。
 
大宅壮一(1900~1970年)
 ジャーナリスト・評論家。大阪府三島郡富田村(現在の高槻市)生まれ。東京帝国大学文学部社会学科中退(学費未納で除籍)。ジャーナリストの大宅映子は氏の三女。戦後の日本を代表するマスコミ人。毒舌の社会評論家として有名。1960年ごろから亡くなるまでの10年間はとくに活動が凝縮されている。1967年に「大宅壮一東京マスコミ塾」(略称;大宅マスコミ塾)を開塾。亡くなるまで8期480名の塾生を送り出した。その守備範囲の広さと、「一億総白痴化」「駅弁大学」「男の顔は履歴書である」「恐妻」「口コミ」「太陽族」など無数の新造語によって大活躍、“マスコミ天皇”と呼ばれた。太平洋戦争中の1941年には海軍宣伝班として、ジャワ作戦に配属された。没年の1970年から、彼の名を被せた「大宅壮一ノンフィクション賞」が創設され、毎年気鋭のノンフィクション作品に与えられている。著名な門下生に草柳大蔵(ジャーナリスト)、植田康夫(上智大学名誉教授)、村上兵衛などがいる。
 
小松左京(1931~)
 作家。大阪市西区で生まれ、兵庫県神戸市で育った。本名は小松実。京大文学部卒。1961年「地には平和を」でSFコンテスト選外努力賞。1964年に処女長編「日本アパッチ族」を発表。1971年「継ぐのは誰か?」で第2回星雲賞(日本長編部門)受賞、1973年「結晶星団」で第4回星雲賞(日本短編部門)受賞、1974年「日本沈没」で第27回日本推理作家協会賞、第5回星雲賞(日本長編部門)受賞、1976年「ヴォミーサ」で第7回星雲賞(日本短編部門)受賞、1978年「ゴルディアスの結び目」で第9回星雲賞(日本短編部門)受賞、1983年「さよならジュピター」で第14回星雲賞(日本長編部門)受賞、1985年「首都消失」で第6回日本SF大賞受賞。星新一・筒井康隆とともに「「御三家」と呼ばれる日本SF界を代表するSF作家。1970年の大阪万博でテーマ館のサブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーとしても知られる。
既述以外の主な作品に「復活の日」「エスパイ」「空中都市008アオゾラ市のものがたり」「見知らぬ明日」「宇宙漂流」「地球になった男」「怨霊の国」「アダムの裔」「御先祖様万歳」「さらば幽霊」「時空道中膝栗毛」「遷都」「あやつり心中」など多数。「日本沈没」や「復活の日」は映画化され大きな話題となった。
 
庄野潤三(1921~2009年)
 作家。大阪府東成郡住吉村(現在の大阪市)出身。九州帝国大学法文学部を2年で終え、繰り上げ卒業。1学年上に島尾敏雄がいた。海軍に入る。戦後、大阪市内の高等学校教職を経て朝日放送に勤め、小説を書き始める。1954年「プールサイド小景」で第32回芥川賞受賞。1960年の「静物」で新潮社文学賞。1965年の「夕べの雲」で読売文学賞、1969年「紺野機業場」で芸術選奨文部大臣賞、1971年「絵合せ」で野間文藝賞、1972年の「明夫と良二」で赤い鳥文学賞、毎日出版文化賞、1973年日本芸術院賞を受賞。このほか、既述以外の主な著作に「貝がらと海の音」「庭のつるばら」「うさぎのミミリー」「結婚」「ガンビア滞在記」「ザボンの花」「つむぎ唄」「道」「鳥」「前途」「クロッカスの花」「小えびの群れ」「屋根」「野鴨」「御代の稲妻」「早春」「山の上に憩いあり」「ぎぼしの花」「サヴォイ・オペラ」「世をへだてて」「文学交遊録」「野菜讃歌」「孫の結婚式」「星に願いを」「休みのあくる日」などがある。
 
高橋和巳(1931~1971年)
 作家。大阪市浪速区生まれ。京大文学部中国文学科卒。夫人は作家の高橋たか子。京大学友に小松左京、大島渚らがいる。大学院博士課程時代の1959年、同人誌「VIKING」で執筆。同年、立命館大学講師就任。白川静、梅原猛らと交流を持つ。その後、明治大学文学部助教授、京都大学文学部助教授を歴任するかたわら、執筆活動する。1969年、大学紛争の最中、白川事件に抗議し、京都大学文学部助教授を辞任。中国文学者として中国古典を現代人に語ることに努めるかたわら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。わずか39歳の若さで、結腸癌で亡くなった。惜しまれる死だった。第1回文藝賞を受賞した処女作、小説「悲の器」(1962年)はじめ「憂鬱な党派」「邪宗門」「我が心は石にあらず」「散華」「堕落」「捨子物語」「白く塗りたる墓」「黄昏の橋」、評論集「文学の責任」「孤立無援の思想」「新しき長城」「孤立の憂愁の中で」「わが解体」「日本の悪霊」「生涯にわたる阿修羅として」などがある。
 
高橋三千網(1948~)
 作家。大阪府豊中市生まれ。3歳のとき東京都に転居。サンフランシスコ州立大創作科、早稲田大学英文科中退。東京スポーツ新聞社で新聞記者として勤務するかたわら、小説を執筆。1974年「退屈しのぎ」で群像新人文学賞受賞し、1975年退社し作家業に。1978年、剣道に打ち込む高校生の姿を爽やかに描いた「九月の空」で第79回芥川賞受賞。1982年、十二指腸潰瘍の手術のため入院。退院後、体力づくりのためゴルフを始めた。これにより以後、ゴルフに関する著作も多い。1983年、自身の作品「真夜中のボクサー」の映画化に際し、製作・脚本・監督を務めた。漫画の原作も多数あり、「北神仁」の筆名を持っている。作品は青春小説、恋愛小説、経済小説、ゴルフ小説と幅広い。ベストセラーとなったエッセイ「こんな女と暮らしてみたい」シリーズのほか、「「平成のさぶらい」「不良と呼ばれた夏」「あの時好きだと言えなかったオレ」「九番目の女」「我が魂はフェアウェイの彼方にあり」「グッドラック」「さすらいの甲子園」「天使を誘惑」「よろしく愛して」「ときにはセンチメンタル」「いつの日か驢馬に乗って」「ハロー・マイ・ラブ」「こんな女でいてほしい」「カムバック」「卒業」「花言葉」「風変わりな淑女たち」「人生のグリーンに風が吹く」「悲しみ君、さよなら」「プロポーズ」「フェアウェイの涙」「お江戸の用心棒 右京之介助太刀始末」など著書多数。
 
東野圭吾(1958~)
 作家。大阪市生野区生まれ(本籍は中央区玉造)。大阪府立大学電気工学科卒。1981年、日本電装㈱(現在のデンソー)に技術者として入社。勤務のかたわら、推理小説を書き1983年「人形たちの家」を第29回江戸川乱歩賞に応募。1985年「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。1999年「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年「容疑者Xの献身」で第134回直木賞、第6回本格ミステリー大賞を受賞。ベストセラー作家となった。しかし、当初は日本推理作家協会賞候補5回、吉川英治文学新人賞候補5回、直木賞候補5回など、落選続きでヒット作に恵まれなかった。初期の作風は学園もの・本格推理・サスペンス・パロディ・エンタテイメントなど多彩。エンジニア出身のためか原子力発電や脳移植などの科学を扱った作品も多い。作品群に「加賀恭一郎シリーズ」「探偵ガリレオシリーズ」「天下一大五郎シリーズ」「浪花少年探偵団シリーズ」などがあり、「魔球」「学生街の殺人」「天使の耳」「鏡の中で」「ある閉ざされた山荘で」「交通警察の夜」「天空の蜂」「名探偵の掟」「片想い」「超・殺人事件」「白夜行」「手紙」「赤い指」「宿命」「変身」「幻夜」「流星の絆」「使命と魂のリミット」「鳥人計画」など多数。
 
和久峻三(1930~)
 推理作家、弁護士。本名は滝井峻三。別名として夏目大介の筆名がある。京大法学部卒。同窓生に大島渚らがいた。中国新聞記者を経て1966年、司法試験に合格。1969年から京都に法律事務所を開設。1972年「仮面法廷」で第18回江戸川乱歩賞を受賞し、作家活動に入る。1989年「雨月荘殺人事件」で第42回日本推理作家協会賞を受賞。小説のほか法律案内の著書も何点か刊行している。夏目大介名義のファンタジー作品もある。法廷ミステリーの第一人者としての地位を不動のものとする。とくに<赤かぶ検事奮戦記><告発弁護士シリーズ(告発弁護士・猪狩文助)>は多くの読者の絶賛を博している。このほか、「京都殺人案内シリーズ」「弁護士・花吹省吾シリーズ」「代言人・落合源太郎」「弁護士 魁夫婦の推理シリーズ」「逃亡弁護士」「美人探偵・朝岡彩子シリーズ」「弁護士芸者シリーズ」「けん玉判事補(柊正雄)シリーズ」「あんみつ検事(風巻やよい)の捜査ファイル」「女裁判官物語(京都のテミス女裁判官)」などがあり、これらのシリーズの多くが、フランキー堺、橋爪功、いかりや長介、藤田まこと、若村麻由美らの主演で、作品と同様シリーズでテレビドラマ化されている。